皮膚科 脇の黒ずみ 対策

私の黒ずみ対策と皮膚科の先生の話

今からの季節肌の露出も増えて、脇の黒ずみが気になってくるかと思います。
黒ずみの原因には刺激があります。脇の脱毛での刺激や、服などの擦れもありますし夏場は汗のニオイが気になり制汗剤を使用するなど肌の免疫力が低くなりがちです。

 

どれも少しならいいのですが、毎日続けてしまうと顔の肌と一緒でターンオーバーが正常に出来なくなり、角質がたまってしまったり、刺激を与えることによって皮脂が過剰に出てしまい色素沈着となりどちらも黒ずみの原因になりやすくなります。

 

何もしないのがお肌にはいいのだと思います。
実際に脇が黒ずんできた時期があり、石鹸をつけて洗うのではなくお湯のみで洗う方がいいと聞いたのでしばらくお湯のみで身体を洗っていました。

 

皮膚科の先生からも肌に炎症がある場合は石鹸を使用すると細菌が入りやすいのでお湯で洗うように言われた事を思い出しました。

 

1ヶ月ぐらいたってから脇をみると、黒ずみが目立たなくなっていました。
とにかく、刺激をしないということにつきると思います。

 

しかし、女性は脇の毛を処理しないでおくことは非常に難しいと思います。
何が刺激が少ないのかを自分にあったお手入れをされるといいかと思います。

 

私は毛抜きで処理をしています。ポツポツもなっていません。
毎日の食事では、美容効果もあるビタミンCが特にお勧めです。
脇の黒ずみには肌の乾燥も原因のひとつですので、保湿効果もあるビタミンCは効果があります。

 

毎食果物を最初に取っています。その他にコラーゲンやビタミンEも合わせて取ることで更に効果がでやすいそうです。毎日サプリや果物を意識して摂る様にしています。

 

乾燥が気になる時は、市販の豆乳ローションを少しだけ薄めて使用しています。基本脇には何もしないということが一番なのですが、乾燥は良くないので気をつけています。

 

黒ずみの対処法のお勧めは、汗をかいた時に家に帰ったらさっと洗い流す。
余分な皮脂を取りすぎないので、お肌に良いのでお勧めします。